薬剤師のパートの募集先の探し方

薬剤師資格を取得している人間の多くは、女性かと思います。実際のデータとしても、男女比率でいうと、女性が60パーセント。そして男性の割合は、40パーセントという比率で、推移しているのが現実です。この比率はどういった影響があるかというと、人材不足に陥る可能性が出てくるということなんですね。

なぜならば、女性の多くの方は、結婚、出産、育児という経験をすることで、ライフタイルの変化を余儀なくされるという方が多いはずです。その場合、最初は正社員として入社をしたとしても、そのままに勤務をし続けるというのは、なかなか難しいということが言えるのではないでしょうか。

つまりは、現状の薬剤師の半数以上は、正社員として働き続けることが困難であり、退職をして完全に薬剤師という職業を離れてしまうか、薬剤師の資格を活かすために、パートやアルバイトなどとして働くかという選択をしなければならなくなるのです。

パートで働くことを選択すれば、勤務時間を短くすることができますし、勤務希望日もある程度に自分の側で選択することができますから、家庭との両立が図りやすく、働きやすいと言えるでしょう。ですから実際の現場レベルでも、既婚者の場合には、パート薬剤師として勤務を希望する人間が多いようですね。薬剤師のパート転職として、勤務先の中心になるのは、ドラッグストアや調剤薬局、病院といったところが主戦力と言えます。

このように、それぞれの家庭の事情や、それぞれのライフスタイルに合わせて、自分の希望に合った時間や曜日で働くことができるというのが強みの薬剤師のパート・アルバイトですが、好条件の募集に関しては、応募が集中してしまい、すぐに応募が締め切られるという状況が現実です。

薬剤師のパート・アルバイト求人を見つけるポイントは、定期的に薬剤師の求人サイトや、求人情報誌などをチェックすることです。しかしこの場合であれば、家庭のために時間を取られているママさん薬剤師では、なかなかに時間の確保も難しいことでしょう。ですから、 薬剤師の転職支援サービスサイトに登録をするということがベターな選択でしょうね。好条件案件だと確約されている、非公開求人も多いですし、事前に自分の希望案件を相談をしておくことで、自分が出した希望に近いパート案件が出てきたときには、サイトなどに公開される前に、紹介してもらえるケースも多いですからね。薬剤師のパート求人は、全国的にニーズが高いですから、転職はしやすいと言えるでしょう。

実際にパートを探すなら人気サイトを使いましょう。パートを探せる無料サイトランキングでは、パートの求人案件も豊富に扱っている、リクナビ薬剤師が1位に輝いています。サイト名でわかりますがリクルート系運営なので信頼度が高いです。


>>時給4,000円以上も!薬剤師がパートを探すならこのサイトで無料検索!<<

薬剤師のパート求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・リクルートグループだから、正社員だけでなく、パート・アルバイト求人も豊富。
  • ・大病院から小さなドラッグストアまで、求人数35000件を登録。47都道府県を網羅。
  • パート・アルバイト勤務特有のわがまま条件でも対応!希望の職場がきっと見つかります。
  • ・扶養内パート勤務など、それぞれの事情を考慮した丁寧なコンサルティングは魅力。
  • ・転職のエキスパートのリクルートだから、独自のパイプは業界随一。非公開求人も豊富!
  • 非常勤・短期間・パート等の条件検索システムが簡単なので、希望の職場を見つけられる。
  • ・地域での求人検索に加え、残業なし、シフト制、土日休み等のキーワード検索も可能。
  • ・求人先との日程調整、交渉まで一貫して行っており、利用者からの評価も高い。

詳細はこちら

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist
  • ・m3.com Pharmacistは、エムスリーキャリアが運営する薬剤師転職支援サイト。
  • 大手調剤薬局やドラッグストア、病院やクリニック等のパート求人が充実です。
  • ・企業内で薬剤師が活躍するCRA、CRC、MRの求人案件も豊富。
  • ・契約社員や非常勤社員から、短時間・短期間だけ働くパート・アルバイト等にも対応。
  • ・首都圏などの都市部の案件に加え、全国の地方都市の求人も豊富なのも大きな魅力。
  • 薬剤師専任のキャリアコンサルタントが担当、コンサルティングの質の高さにも定評。
  • 高時給で、時間の融通が利く案件多数。ワンランク上の良質求人も非公開求人として紹介。
  • ・40,000件以上の求人数やキャリアコンサルタントの質の高さから、利用者の94%が満足。

詳細はこちら

薬剤師ではたらこ

薬剤師ではたらこ
  • ・調剤薬局、病院だけでなく、治験やMR等薬剤師資格を生かせる案件が幅広く所有。
  • ・入職後の離職率は低いと言われています。妥協を許さないコンサルティングが魅力。
  • 薬剤師ではたらこ独占の非公開求人が多いから、高待遇、好条件の求人案件が多い。
  • ・将来的なキャリアプランまでを見据え、利用者にぴったりの企業を個別に探しご紹介。
  • ・急成長中のベンチャーが運営母体だから、他社にはないネットワークを持っている。
  • ・入職後まで安心のアフターフォローや、親切なコンサルティングは業界でも評判が高い。
  • パートから正社員投用の案件も多く存在しているので、入職後に希望を出せば交渉も可能。
  • 正社員だけではなく、パート・契約社員の求人情報にも強いと評判。

詳細はこちら

薬剤師のパートのよくある職種の紹介

パートの薬剤師の場合も、正社員の薬剤師同様に、就くことができる職種というものは、幅広くあると言えるでしょう。一般的に薬剤師の職種を分けてみると、調剤薬局、病院、そしてドラッグストア、製薬企業。CROといったところに分けることができます。 パートの場合、その主力となるのは、調剤薬局やドラッグストア。そして病院という3本柱が中心になるといっていいでしょう。

まずは、パートになる理由として、考えられる理由は、結婚などをしたために、ライフスタイルが変化してしまうことを余儀なくされ、正社員の薬剤師として、しっかりと労働条件をクリアすることができなくなってしまったということが挙げられますよね。薬剤師の60パーセントは、女性という現実がありますから、女性の薬剤師さんであれば、結婚後に自由に使える時間が確保できた時、薬剤師の資格を活かしパート勤務で復職するパターンが多いと言えるのではないでしょうか。

他にも正社員のように拘束時間に縛られず、自由に働きたいという場合。そしてとにかく他にもやりたいことがあり、自由な時間が欲しいという人間。さまざまな職場を経験してみたいという考えの持ち主などが挙げられるでしょう。薬剤師という職業は、はっきりいって売手市場となっているため、通常の職業の雇用の場合のように、正社員としての求人がないから、仕方がなくパートやアルバイト、派遣社員の職に就くという場合はほとんどないと言えます。

そもそも、調剤薬局を代表とする薬局は、薬剤師がいないと経営が成り立たちません。正社員として薬剤師を一人だけ雇っている薬局があったとして、その正社員の薬剤師が、休憩に入ってしまうと、薬局では販売できない薬が出てくることになってしまうわけです。休憩であれば、お待ちくださいといって呼び出してしまえば済みますが、病欠や休日の場合はどうでしょう?丸1日、売れない薬が出てしまうことになるのです。こういった状況を防ぐために、パート薬剤師が重宝されているのですよ。

パートという雇用形態であっても、薬剤師の国家資格は所有しているわけですし、薬剤師としての経験があれば問題なく仕事はこなせるわけですから、大変重宝される存在であると言えるのです。ですから、調剤薬局や、ドラッグストア、また病院などで、雇用されるケースが非常に多いんですよね。正社員よりもパートの方が人件費は抑えることも可能ですから、経営面でも重宝されることになるのです。

薬剤師パート探しは求人サイトを使おう

薬剤師のパート・アルバイト求人を見つけるポイントとしては、やはり薬剤師の転職支援サービスサイトなどを代表とする、求人サイトをこまめにチェックすることだと言えるでしょう。薬剤師は正社員でも、パート・アルバイトの案件であっても、売り手市場の状況にあるのは変わりありませんからね。とにかく求人サイトなどをこまめにチェックしておけば、薬剤師の求人は、嫌でも目にすることができるでしょう。

まず何よりも、最初に登録をしておき、自分の希望する就業スタイルや給与などを登録情報として入力しておけば、それにマッチングしている求人情報が、自動的にメールなどで配信されてきます。わざわざ自分で、さまざまなサイトを訪れ、定期的にチェックをするという手間が省けますからね。

特に注目すべきは、非公開求人の存在でしょう。薬剤師の転職支援サービスサイトには、それぞれのエリアにある、調剤薬局や病院。またドラッグストアなどに、独自の転職パイプを持っていますから、良質な案件であり、応募が殺到してしまうと困るような案件は、雇う側が、条件を出し、その条件を満たした人間を紹介して欲しいという非公開求人を、多く抱えていることが多いわけです。

薬剤師のパート求人は、全国的にニーズが高いですから、そこまで苦労をしなくても、簡単に薬剤師の案件を見つけることが可能です。しかしながら、その中で「良質な案件」となると話は別。当然に人気が上がって、応募は殺到するし、ある意味早いものがちの状況になるのは必至です。またある特定の転職支援サービスサイトであれば、逆指名制度といって、募集がかけられていない病院や、調剤薬局やドラッグストアなどに、そのサイトのキャリアコンサルタントが、直接交渉に行ってくれるというシステムがあります。いずれも転職実績の高い、そして薬剤師をはじめとする医療業界に明るいキャリアコンサルタントですから、募集案件が見られないからといっても、行きたい職場があるのであれば、希望をいうだけで転職を実現出来る可能性が高くなるのです。


>>パートに特に強いのはリクルートの薬剤師転職サイト!日給20,000円オーバーも!<<